2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

秋が深まって来ました

20161031a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の日曜日、近くの公園にコスモスを見に行ってきました。一面にコスモスが咲いていてとても綺麗でした。明日から11月になり、季節は秋から冬へと進んでいきます。朝晩は、冷え込んで来ました。今年は天候不順の日が多く、体調を崩している人も多いようです。これから寒くなりますので、風邪を引かないように注意して下さい。

ふるさと納税が人気です

20161024a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

当店でも、地元・菊川市のふるさと納税の返礼品を提供しています。先日の新聞に、ふるさと納税の納税額が前年比1.5倍になっているとのことです。

地方の自治体に納税することで、地元の商品や特産品を返礼品として受け取るということで、人気です。

当店では秋冬番茶とフィルターインボトルのセットが人気です。秋冬番茶は、血糖値を下げる効果があると言われていますので、健康を気にする人に人気です。またフィルターインボトルは、お洒落なワイン型のボトルで、こちらも人気があります。

当店のふるさと納税のサイト

お茶の花が咲きますと、お茶の実がなります

20161021a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

10月も後半に入ってきますと、お茶の花が咲き始めます。お茶が咲きますと、お茶の実がなってきます。写真は、お茶の花と、お茶の実がなっている写真です。

昔は、お茶の実からお茶を増やしていました。でも、最近は挿し木をしてお茶を増やしています。挿し木の方が、品種を確実に増やすことが出来るからです。最近では、お茶の実の使い道としては、油を絞って健康食品にすることもあります

お茶の花が咲き始めました

20161015a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

10月も中旬になり、涼しくなってきますと茶園にお茶の花が咲くようになってきます。お茶は、ツバキ科の樹ですので、花もツバキと同じような花を咲かせます。でも、大きさは五円玉ぐらいの可愛い花です。

お茶の花が咲き始めますと、そろそろ秋から冬への支度が始まる時期になります。今年最後の秋冬番茶の摘み取りも終わり、これからは来年の新茶へ向けた準備に入ります。

秋冬番茶が新茶で販売になりました

20161006a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

血糖値を下げると言われる成分を多く含む秋冬番茶が今年の新茶で出来上がりました。新茶になることで、より美味しくなりました。

秋冬番茶は、9月末から10月始めにかけて摘み取りを行います。今の時期に摘むことで、血糖値を下げる成分が多く含む秋冬番茶が出来上がります。現在、リーフ茶とティーバッグを新茶で販売しています。パウダーは加工をしていますので、来週には新茶でお届けできると思います。

秋冬番茶の詳しい情報は→秋冬番茶ページ

お茶の牧農園新聞・10月号を発行しました

19

お茶の牧農園 店長の鈴木です

10月に入っても、秋雨前線の影響で雨の日が多くなっています。また、九州の西には台風18号があって、これから西日本に接近しそうな予報になっています。

今月号では、手揉み茶の紹介をしています。手揉み茶は一般のお茶屋では手に入らない貴重なお茶です。お茶のイベントで、手揉み茶の実演風景を見られた人も多いと思います。製造をすべて人間の手だけで行う、お茶造りの原点です。機械を使わずに製造されていますので、お茶本来のうまみを味わって頂けると思います。

手揉み茶の詳しい情報は→ 手揉み茶ページ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »