2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

新茶の予約を始めました

2013shinme

お茶の牧農園 店長の鈴木です

左の写真は今日の当店の茶園の新芽の様子です。この時期としては生育が良いと思います。桜も一週間ほど早く咲き始めましたので、新茶の摘み取りも早くなると思います。

これからの天候によってどうなるか判りませんが、このままの天候が続けば昨年より2~3日早く摘み取りが出来ると思います。

そこで、早いのですが新茶の予約を始めました。1日でも早く新茶を飲みたいというお客様が多くいらっしゃるので、新茶の予約を頂いて、できあがり次第発送したいと思っています。

詳しくはホームページをご覧になって下さい。

新茶の詳しい情報と新茶予約は→ 新茶ページ

ワラビをもらいました

20130328

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日、近くの農家の人がワラビを持ってきてくれました。毎年持ってきてくれるけど、今年は暖かさの影響で例年より早く芽が出ているということです。

アク抜きをしておひたしにして食べてみたいと思っています。季節は慌ただしく春になっていきます。

お茶の新芽も暖かさの影響で例年より2~3日早く伸びています。このまま暖かな天候が続いてくれたら、今年の新茶は美味しい新茶が出来上がると思います。

赤福をもらったのでお茶と一緒にいただいた

20130326

お茶の牧農園 店長の鈴木です

親戚が赤福を持ってきてくれたので、三時のおやつにいただいた。赤福は上品な甘さで、とても美味しい。甘いものといえば、お茶が一番あう。少し濃いめにお茶を淹れて、赤福と食べたら、より美味しくいただくことが出来た。

最近はスイーツが人気だけど、和菓子も人気みたいである。和菓子が売れれば、それにつれてお茶が売れてくれたらと思っているけど、どうなんだろう。おいしいお茶と和菓子って、日本人に生まれて良かったと思える瞬間だと思う。

今年の新茶は早まりそうです

お茶の牧農園 店長の鈴木です

静岡でも桜が開花して、今週の週末はお花見が出来そうです。こんなに早く花見が出来るのは珍しいです。東京でも今週末は花見で賑やかになりそうです。

午前中に、農協の担当者が来て、早場所の御前崎では4月12日から新茶の摘み取りを始めたいということです。12日は大安なのでその日から始めたいということです。12日というのは、例年よりだいぶ早いです。今の暖かな気候が続けばそれぐらいには新茶の摘み取りが出来そうです。でも、寒の戻りもあるでしょうから、それが心配です。

当店の回りの茶園もだいぶ色づいてきました。今日も暖かいですし、日増しに茶園の緑色が濃くなっていきます。

東京で桜の開花宣言が出ました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の土曜日、東京で桜の開花宣言が出ました。例年より10日も早い開花だそうです。今年の冬は寒いといわれていましたが、3月に入ってから暖かな日が続いたためにこんなに早く桜が咲いたということです。

桜が早い年は、お茶の摘み取りも早いといわれています。でも、桜と同じようにお茶も10日も早くはなりません。桜は花ですが、お茶は葉っぱですので、成長は極端には早くはなりません。でも、これから暖かな日が続けば、例年より2~3日は早くなるかもしれません。

後は、寒の戻りがないことを願っています。今のところ茶園の状態は良くなっていますので、このまま穏やかな天気が続けば、美味しい新茶が出来上がると思います。

緑茶かコーヒー 1日1杯で脳卒中減

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日のお昼のNHKニュースを見ていたら、緑茶かコーヒー 1日1杯で脳卒中減というニュースを放映していました。以前から緑茶は健康に良いのは皆さん知っていることですが、国立ガン研究センターが8万人を調べた結果ですので、より科学的に証明されたと思っています。全国版のニュースで放映したので、このニュースを見て、一杯でも多くお茶を飲んでくれる人が増えれば、お茶の消費量も増えると思います。

NHKが放映したから、そのうちためしてガッテンで特集を組んでくれたら、新茶に向けて茶業界に明るいニュースになるのにと思っています。

NHKの番組ニュースは、こちらから

防霜ファンの点検をしています

20130307a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今週に入り暖かな日が続いています。今日も上着が炒らないぐらいの気温になっています。暖かな日が続くと、このまま春がやってくるのではないかと思ってしまいます。

でも、まだこれから寒の戻りがあるかもしれません。そんなときに役立つのが防霜ファンです。気温は、地面の表面が一番寒く、少し上の方が暖かな空気になっています。そこで、気温が下がってくると(当店は5度でファンが回るように設定してあまりす)自動的にファンが回るようになっています。

今朝の最低気温は10度近くありましたが、寒の戻りがありますと0度近くまで下がることもあります。これから新茶の摘み取り時期まで、防霜ファンが活躍してくれないことを願っています。

防霜ファンの詳しい情報は防霜ファンの情報ページ

お茶コラム 今年の新茶への想い

お茶の牧農園 店長の鈴木です

お茶コラムを更新しました。今回は間近に迫った新茶への想いです。
-----------------------------------------------------------------
3月に入って、あと1ヶ月もしますと茶園に新茶の新芽が伸びてきます。これから4月初めにかけては茶園にとって一番 大切な時期になります。それは、新芽が成長する時に、十分な栄養を取り込めるかどうかで、新茶の品質が左右されるからです。そのためにも、穏やかな春が待 ち遠しくなってきます。また、これからの季節は遅霜にも注意が必要です。現在は防霜ファンが完備されていますので、ある程度の遅霜は防ぐことが出来ます。 でも、気温が0度近くまで下がりますと、新芽が凍ってしまいます。そうならないためにも、これからの天候が気になります。

また、最近の円安で燃料価格が上がっています。お茶の製造には、重油とプロパンガス を多く使います。生の茶葉を蒸すボイラーにも、お茶の乾燥にも多くの燃料が必要です。そのため、燃料費が上がりますとお茶の製造コストも上がってしまいま す。円安で景気が良くなって、たくさんのお茶が売れてくれればと思っています。どちらにしても、あと2ヶ月で八十八夜がやってきます。皆様に、美味しい新 茶をお届けできるように、これから精一杯準備を進めていきたいと思っています。             

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »