2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

今年の夏は暑かった という科学的検証

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日のお天気キャスター森田さんのポッドキャストを聞いていたら、今年の夏は真夏日の日数は平年並みだったのに、不快指数は一昨年の猛暑の年と匹敵するぐらい、蒸し暑い夏だったということです。

人間は、夏の暑さを気温だけでなく湿度を含めた不快指数で感じます。暑くてもカラットしていれば、そんなに暑さは感じませんが、ジメジメと湿気があると、気温がそんなに暑くなくても不快を感じます。

今年は、湿気を含んだ暑さのために、日本全国暑い夏、と感じる人が多かったようです。そのため、リーフのお茶の需要が低くなったのかもしれません。

夏ばて防止のためには、冷たい飲み物ではなく、温かな飲み物を飲んで、胃腸の動きをよくすることが、夏ばて防止には必要なのかもしれません。

今日は処暑ですが、とても暑いです。

20120823

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は処暑ですが、全国的に暑くなっています。

残暑お見舞い申し上げます

太陽がぎらぎらして、茶園を照らしていたので茶畑と太陽を入れて写真を撮ってきました。

このところの暑さと、適度な雨で、茶園はよく育っています。あと一ヶ月もしますと、秋冬番茶の摘み取りが始まります。今年最後のお茶の摘み取りになります。

少し前までは、秋冬番茶といえば、ほうじ茶の原料か、業務用のお茶ぐらいにしか使われませんでしたが、血糖値を下げるという酵素が多く含まれていることが判り、たくさんのお客様から注文をいただくようになりました。ことしも、この調子でしたら、おいしい秋冬番茶が出来上がると思います。

暑いときには、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

T-1グランプリの審査員に行ってきました

20120821

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日の午後、菊川市の市民会館アエルでT-1グランプリが行われ、その審査員に行ってきました。T-1グランプリとは、4年5年6年生の小学生がお茶の知識と、実技を争うコンテストです。

まず、30問の学科テストがあります。事前に問題集を配ってあるのですが、引っかけ問題もあって知識がないと解けない問題ばかりです。ちなみに問題は

①室町時代、京都の永谷宗円という人は、茶の葉を蒸して揉む方法を考えました。

②オランダの東インド会社は、長崎の出島から日本で最初にお茶を海外に輸出しました。

③荒茶の生産量の全国一位は静岡県、二位は鹿児島県、三位は宮崎県です。

答えはすべて×です。①は室町時代ではなく江戸時代、②は出島ではなく平戸、③の三位は三重県です。

次の試験は、実際のお茶葉を見て種類を当てる試験です。煎茶、深蒸し茶、くき茶、ほうじ茶はわかると思いますが、ウーロン茶がティーバッグの粉茶で出されていて、紅茶とほぼ同じ色で香りを確かめないと判別が難しかったです。

最後は実際に急須を使ってのお茶の入れ方の実地試験です。お湯の量や湯冷まし、急須に入れる茶葉の量。抽出質時間や湯飲みへのつぎ方など、大人でも難しい実技試験です。

今回は50人の小学生がチャレンジしましたが、ほぼ全員が家庭で練習をしてきて、ぎこちない子もいましたが、ほぼ正確にお茶を淹れていました。

子供の頃から、日本茶に親しんで大人になってもお茶を飲んでもらおうというアピールもありますが、お茶の産地の子供として、最低限お茶の入れ方を出来るようにしようという目的もあるようです。

大雨とすごい雷

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日の午前中、雨と雷がすごかったです。特に雷は、近くに落ちるのではないかと思うぐらい、鳴り響いていました。うちのところは牧之原台地の上にあるので、水が浸かったり、土砂崩れの心配はないのですが、雷は怖いです。周りに障害物がないので、余計に落ちやすくなっています。

数年前も、近くの電柱に雷が落ちて、会社のビジネスフォンが全滅しました。そのため、落ちなければ良いなと思っていたら、約1時間ほどで雷雲が通り過ぎてくれました。

せっかくのお盆休みで行楽地に行っている人も多いと思いますが、この天気では海も山も危なくて近寄れません。安全に楽しい休みをお過ごし下さい。

青汁百草水は、300cc作れるティーバッグが33個(一ヶ月分)入って1,890円です。冷たいお水でもすぐにおいしく作ることが出来ます。青汁百草水のお買い求めは→ こちらから


アメリカの「お~いお茶」

Ooiocha

お茶の牧農園 店長の鈴木です

知り合いがアメリカで売っているお~いお茶のラベルの写真を送ってきてくれました。アメリカでは、お~いお茶がヘルシーということで人気があるということです。

普通のスーパーでも売っているようです。ノンカロリーでビタミンを含んでいて健康にいい飲み物という事で人気があるようです。アメリカと言えば、甘いジュースやコーラ類が人気ですけど、最近のダイエットブームで日本茶に人気があるようです。

ラベルと見ると、お~いお茶は"Tea Please"とあります。日本語の意味からすると少し違和感がありますが、呼びかけるような感じでいいのかもしれません。

アメリカで日本茶が健康に良いというブームが起こって、それが日本に逆輸入され、リーフ茶が売れるようになればいいのですが・・・

青汁百草水

Aojiru_hyakusou

お茶の牧農園 店長の鈴木です

ブログには、たいていアクセス分析機能がついていて、一日あたりどれぐらいの人が訪れてくれたとか、どんなキーワードで検索して来てくれたかということが判るようになっている。

先週あたりから青汁百草水というキーワードを検索してこのブログに来てくれる人が多くなった。

この青汁百草水は、人気のあった百草水に青汁の大麦若葉、ケール、クロレラを入れた商品である。青汁というと、苦いというイメージがあるけど、青汁百草水はとても飲みやすい。

値段は、普通の百草水に比べると高いけど、他のメーカーの青汁と比べると安いと思う。手軽に作れておいしく、さらに体に良いし、値段もそこそこ安い。今の季節、ビタミン不足を補うためにも、青汁百草水を飲んで健康維持をしてもらいたいと思う。

青汁百草水は、300cc作れるティーバッグが33個(一ヶ月分)入って1,890円です。冷たいお水でもすぐにおいしく作ることが出来ます。青汁百草水のお買い求めは→ こちらから

茶業研究センターの発酵茶フェアーに行ってきました

20120802a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日、当店の隣にある静岡県茶業研究センターの発酵茶フェアーに行ってきました。

発酵茶といえば、紅茶やウーロン茶を指しますが、今回は釜炒り煎茶の展示もありました。発酵というと、納豆や味噌などの発酵食品を思い出す人も多いと思い ます。でも、お茶の発酵とは、生の茶葉をそのままの状態(しおれさせる)にしておいて、萎凋(いちょう)させることをいいます。

萎凋させることで、茶葉の中の成分が変化して独特な香りを出します。ウーロン茶などの中国茶が、産地や製造方法によって香りが違うのは萎凋とその後の製法が違うことによります。


日本の緑茶は、生の茶葉を摘み取って来たらすぐに水蒸気で蒸すことで発酵を止めます。そのため、緑色のお茶に仕上がります。でも、発酵をすぐ止めることで、香りはどうしても薄くなってしまいます。

写真は、茶葉を萎凋させている状態です。萎凋させる時間や室温によって、味も香りも変わってきます。

暑いときには、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

急須とカップが一つになった容器

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今朝の、NHKまちかど情報室を見ていたら、急須とカップが一つになった容器が紹介されていました。カップの片側に茶葉を入れて、傾けるとお湯が茶葉に浸ってお茶が抽出され、反対側に倒すと、飲めるようになるというカップです。

NHKのサイトで販売元を見てみたら、なんと値段が5,880円。カップ1個で言い値段です。フィンランド製という事で高いのかもしれませんが、これなら百均で茶こしを買ってきて、マグカップで使った方がよほど効率的だと思いました。

値段のほとんどはデザイン料だと思います。おしゃれな感じはいいとおもいます。

お茶を飲むというと、急須を用意したりと面倒だというイメージがありますが、茶こしでも簡単に淹れることが出来るのでもっと茶業界としても宣伝をした方が良いと思います。

もっと手っ取り早いのは、ティーバッグで淹れる方法です。水出し煎茶はティーバッグを冷水ポットに入れるだけで出来るので、とても便利だと思います。

暑いときには、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »