2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

二番茶の作業も終了

20120628b

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今週の初めで二番茶の摘み取りは終わったのですが、その後、均し(ならし)の作業をしていました。茶園の表面を綺麗にそろえることで、次のお茶(秋冬番茶)が綺麗に出るようになります。

今では、乗用の機械でお茶摘みから、均しまですべて行うので、体力的にはとても楽ですし、能率も上がります。当店がある牧之原台地はほぼ平坦なので乗用機械で作業が出来ますが、山間地はそういうわけにはいきません。同じ収量で単価なら、当然差が出てきてしまいます。そういうこともあって、乗用機械が入らない傾斜地の茶園は荒廃が進んでいます。お茶の値段も安くなっていますし、茶農家にとっては、厳しい時代が続きそうです。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

お茶のお中元・・・驚愕の事実

お茶の牧農園 店長の鈴木です

20120627 昨日、近くの静鉄スーパー(地元では有名なチェーン店)に行ったら、サマーギフトパンフレットが置いてあった。左の写真のような、表紙が富士山とお茶畑の写真で、いかにも静岡のお中元という感じであった。

ぼくは表紙に茶畑が写っていたので、お茶のお中元がたくさんあるのだと思って、一冊もらって家で見てみた。

そうしたら、なんとお茶のお中元は一件も無かった。静岡のお中元といったら、いままではお茶だった。特に、静岡市内には、老舗と言われるお茶屋があって、今までは必ず載っていたものである。それが、静岡のスーパーのお中元カタログからお茶ギフトが消えてしまったのである。載っているのは、静岡産の果物が多く、定番のピールやハムもある。

静岡茶が売れないと言うけど、お中元のパンフレットに載っていないなら、売りようがない。売るスーパーも売れないと判断して載せてないのだと思うけど、それだけ静岡茶の贈答品が売れていないと言うことだと思う。贈答のカタログに載せてもらえないと言うことは、スタートラインにも立てないと言うことである。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから


お茶コラム 更新しました 「自然災害とお茶」

お茶の牧農園 店長の鈴木です お茶コラムを更新しました。

今回は、先週静岡県地方を襲った台風に関する記事です。 ---------------------------------------------------------------------

先週、台風4号が紀伊半島に上陸してほぼ本州を縦断していきました。静岡県地方は、台風の進路の東側ということで、南よりの強い風が吹きました。今回の台風はスピードが速かったこともあり、各地で強風が吹き荒れました。この強風で海の潮が舞い上がって農作物にかかってしまいました。特に、遠州灘の地域では葉物野菜に影響が出ました。また、海沿いの茶園にも塩がかかった所があり、被害を受けたということです。

昨年も、6月に大きな台風が来て、その時は沖縄県地方に大きな被害をもたらしました。台風といいますと少し前までは8月のお盆を過ぎてから来るものだという認識がありましたが、現在は梅雨の6月から心配をしなくてはいけなくなってしまいました。地球温暖化の影響とか、エルニーニョ、ラニーニャの影響だとか気象学者は言っています。でも、はっきりしているのは、少し前より確実に気候がおかしくなっていると言うことです。お茶の生育は気候や天候に左右されます。その気候が安定しないと美味しいお茶を作ることは出来ません。

静岡茶、新聞全面広告

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今朝の読売新聞に静岡茶の全面広告が出るというのでわざわざ近くのコンビニまで読売新聞を買いに行ってきた。

富士山をバックに、県知事の写真と案内文。内容としてはありきたりの、昨年は風評被害に苦しんだが、今年は検査を厳密に行って、すべて未検出だから安心して静岡茶を飲んで欲しいという、文章である。でも、一番最後に「霊峰富士のふともとで育まれた八十八夜新茶を味わって幸福になってください」とある。静岡茶のほとんどは、静岡市より西で生産されているんですけど、と突っ込みを入れたくなる。まぁ~、静岡県知事としては、是が非でも富士山を世界遺産にしたいので、静岡県=富士山、というイメージを植え付けたいのだと思う。

でも、うちのHPのトップにも富士山と茶畑の写真を使っているし、静岡といえば、お茶と富士山だよね(笑)

それより、一昨年ためしてガッテンの深蒸し茶の効能で研究をしたお医者さんを使って、お茶は健康に良いという宣伝は、良いのじゃないのかな。お茶を一番飲むのは高齢者で、その一番の関心事は健康。ためしてガッテンで、深蒸し茶が売れたのも、健康に良いという宣伝があったから。次回は、NHKに働きかけて、再度ためしてガッテンで取り上げてもらうのかな。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから



台風の被害

Typhoon1

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の夜通り過ぎた台風4号は風がすごかった。特に、南よりの風がすごくて、写真のように庭に植えてあったブドウの棚が倒れしまった。幸いに、ブドウの木には影響がなかったのは良かった。

あと、桜の枝が折れたりと、台風の風の脅威をまざまざと見せつけられた。この後も台風5号が近づいていると言うことなので、気をつけなくてはいけない。

また、今日は台風一過でとても蒸し暑くなっている。静岡県地方でも最高気温が30℃以上になったようである。こんなに急に暑くなると熱中症に注意である。冷たい水出し煎茶を飲んで、喉を潤してください。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから


台風4号が近づいています

お茶の牧農園 店長の鈴木です

現在、台風4号が沖縄の南の海上にあって北上をしています。予想図ですと、明日の朝には紀伊半島近くに接近しそうな感じです。そのまま北上すると、東海地方に上陸するようです。

今のところうちの周辺は曇っていて雨は降っていませんが、次第に風が強くなってきたようです。明日には風が強くなりそうなので、今日の間に飛びそうなものを片付けようと思っています。皆さんも十分に注意してください。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから



梅雨らしい天気になってきました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は朝から雨になっています。週間天気予報を見ても、傘マークが並んでいます。さらに、沖縄の南海上には台風があって北上しています。来週の半ば頃には本州地方に接近しそうです。

そうなると、台風が通り過ぎるまで雨が降り続きそうな感じです。二日前から二番茶の摘み取りが始まりましたが、この雨で一週間ぐらい摘み取りが出来そうもありません。気温が高くならいと良いのですが、気温が高くなるとお茶の芽が伸びて、品質の悪い二番茶になってしまいます。本当に、今年のお茶は天気に泣かされること多くなっています。

これからのシーズン、冷たいお茶はいかがですか? 手間がかからずにおいしい水出し煎茶の販売をしています。水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

お茶を淹れるのは面倒ですか?

お茶の牧農園 店長の鈴木です。

お茶は、他の食品と違って、買ってきてすぐに飲めるというわけにはいきません。まず急須などのお茶を淹れる道具が必要です。さらに、お湯を沸かさなくてはいけません。統計によると、急須のない家庭が増えているということです。急須がなければ、リーフ茶を買おうという気にもなりません。

でも、現代の人はそんなに面倒くさり屋になってしまったのでしょうか?ネットでは、料理レシピを紹介するクックパッドが人気だし、隠し味として塩麹が売れています。それを考えると、おいしいものを作りたい、食べたいという人は減ってはいないのだと思います。手間を掛けもおいしければ作る、という人が多いのだと思います。 振り返って、お茶はどうでしょうか? 急須で淹れたお茶が、ペットボトルとたいして変わらない味だったらペットボトルを買います。でも、急須で淹れたお茶がすごくおいしければ、手間を掛けても急須でお茶を淹れるようになるのだと思います。

つまり、手間に見合うだけの美味しさを知ってもらえれば、お茶の需要は伸びて行くと思います。 でも、どうしても面倒だという人は、ティーバッグがあります。これからの季節、水出しのティーバッグがお勧めです。

手間がかからずにおいしい水出し煎茶のお買い求めは→ こちらから

今年の新茶の生産量と単価について

お茶の牧農園 店長の鈴木です

6月に入って、今年の新茶の生産量と単価の情報が次第に入って来ました。当店のあります、菊川・牧之原地区は、生産量は例年より約10~20%多くなって、平均単価は5~15%低くなっているようです。そのため、農家の手取りは例年並みか、少し多いというのが大半だと思います。

でも、これは牧之原台地の早場所から普通場所の事で、山手の遅場所は収入が減ったようです。それは、今年のお茶の相場が急激に下がったために、遅くから始めた所は、その影響を受けてしまったのだと思います。

今年は、繰り越し在庫がない状態で新茶が始まりましたが、これだけ新茶の生産量が多くなると、今後の予想はどうなるか判りません。ただ言えるのは、今年の新茶は品質が良いので、それを消費者にアピールしてたくさん飲んでもらうことが一番だと思います。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »