2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

室町時代のお茶造りの再現

20110327

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の日曜日、知り合いのお茶農家で室町時代のお茶造りの再現イベントがありました。

写真のように、当時の鎧を着けて本格的に行われていて、びっくりしました。当時のお茶の作り方は、本当にシンプルで、お茶を蒸して、それを杵と臼で細かくして、それを型に入れて乾かすだけというものです。当時からすれば、現代のお茶造りはとても細かく、それだけに味もよくなっているのだと思います。

でも、当時お茶は薬という意味合いもあって珍重されていたのだと思います。それを思うと、手軽に美味しいお茶を飲むことが出来る現代はすばらしいと思います。

春の訪れ ムスカリ

20110326

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今週は寒い一週間でした。そのため、茶園の新芽の成長は足踏み状態でした。でも、季節は確実に春に向かっています。

写真は、庭の片隅に咲いていたムスカリの花です。紫色の綺麗な花は、心をホッとさせてくれます。

茶園の方は、寒さの影響で成長が少し遅くなっているようです。でも、昨年は遅霜の影響で、平年より10日程度遅くなってしまったので、それを考えますと、今年の新茶は、少し遅くても、昨年よりは早く収穫出来ると思います。

水道水の放射能汚染

お茶の牧農園 店長の鈴木です

一昨日ぐらいから、東北や関東、東京で水道水から基準値を超える放射能が検出されました。幼児には水道水を飲ませないようにという事ですが、代わりのミネラルウォーターが手に入らずに困っているようです。

水といえば、生きていく上で欠かせません。その水が放射能に汚染されているとは、考えられないことです。いままで原発は安全だとさんざん言われてきましたが、それがあっけなくひっくりかえってしまいました。

お水はお茶にとっても大切です。お茶はお湯を注いで飲みます。そのお湯(水)が汚染されているとなると、安心してお茶も飲むことが出来ません。せっかく、安全なお茶を作っても、水が汚染されていては何にもなりません。まして、これから新茶の時期で、美味しいお茶をお届けする時期になります。

一刻も早く、原発事故が収まって、安全なお水で美味しい新茶を飲んでもらいたいと思っています。

新茶の新芽が、少しずつ伸びてきました

20110323a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

写真は、今日の当店の前にある茶園の新芽の様子です。前回の写真より少しは伸びたと思います。

昨年は、暖冬の影響で新芽の伸びももっとありました。でも、今年は冬の寒さの影響か、新芽の伸びは平年並みになっています。このままの状態で進めば、新茶の摘み取りは、4月20日頃になるのではないかと思います。このところの雨の影響もあって、茶園の状態はよくなっています。今後の天候が、徐々に暖かくなれば、美味しい新茶が出来上がると思います。

春の足音が聞こえてきました

20110318

お茶の牧農園 店長の鈴木です

震災から一週間が過ぎましたが、なかなか復旧が進まないようです。被災地が広範囲に広がっていることと、道路が寸断されているのが原因のようです。一日も早く、普段の生活が出来るようにと、願っています。

写真は、うちの庭に植えてあるバラです。2月の末に選定をしました。このところの、枝から新芽が出てきました。季節は確実に春に向かっているようです。今年の冬は、寒さが厳しかったことから、新茶の摘み取りは少し遅くなるかもしれません。でも、春の足音が聞こえて来たようです。

少しずつですが新芽が伸びてきました

20110317

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日から冷え込みが戻ってきて、また冬のような寒さになりました。でも、新茶の新芽は少しずつですが伸びてきました。

昨年よりも遅い感じですが、確実に成長しています。昨年は3月の末に、遅霜の影響がありましたが、今年は順調に育っています。例年より少しは遅くなるかもしれませんが、この調子で暖かくなれば、美味しい新茶が出来上がると思います。

被災地のガソリン不足

20110315

お茶の牧農園 店長の鈴木です

いま、被災地や北関東ではガソリン不足が深刻な問題になっているということです。スタンドまで道路事情が悪くて、ガソリンを運べないということです。また、少しでもガソリンを入れようとする車が多くいるのも問題なようです。

当店の前にはスタンドがあるのですが、通常通りガソリンを入れることが出来ます。また、写真のようにタンクローリーがガソリンを運んできます。

被災地の皆さんの事を思うと、ガソリンが簡単に手に入るのは心苦しいのですが、こればかりは致し方ありません。一日でも早く、ガソリンや食料、水がすべての被災地で足りるようになって欲しいと思っています。

割れない透明急須

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日から通常業務を行っています。当店は中部電力から電気を受けていますので、計画停電の影響はありませんが、極力電気を使わないように節電に努めています。

今日は、割れない透明急須の注文が関東と新潟地方から寄せられました。地震の揺れで急須が落ちて割れてしまった人が、割れない急須として当店の割れない透明急須をネットで探し求めてくれたということです。このような事態で、透明急須の需要があるとは思いもよりませんでした。

東北関東大震災

お茶の牧農園 店長の鈴木です

11日の午後に起きた東北関東大震災、本当にすごい被害です。特に津波の被害は、想像を超えています。テレビで見ていると、言葉も出ないほどです。

被災に遭われた皆様の一にも早い復興を願っています。

当店では、通常通りの業務をしています。ただ、北海道・東北地方・茨城県へのお荷物は、運送状態が良くなるまで発送を控えています。

また、関東地方へのお荷物は、時間帯指定が出来ない状態です。そのほかの地方へのお荷物も、運送の都合で遅れる可能性がありますので、ご了承願います。

ためしてガッテン、緑茶は牛乳と飲むと効果的

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日のためしてガッテンは、緑茶の話題でした。緑茶と牛乳を一緒に飲めば効果的という事でした。牛乳も緑茶も、両方とも体にいい飲み物ですので、いまさらという気はしないでもありません。

また、緑茶をコーヒーミルで挽いて飲むと、効果的とというのもやっていました。これは、当店で販売をしているパウダー茶と同じ原理です。

今回も、緑茶の話題を取り上げられたと言うことで、少しは茶業界にとってはメリットがあったと思います。

今日のためしてガッテンは「緑茶」特集

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日のためしてガッテンは、またまた緑茶特集です。前回の深蒸し茶に続いて、今回も緑茶が取り上げられました。

前回の放送は、深蒸し茶に特化していたので、深蒸し茶以外の産地からクレームが来たようななのです。そこで、緑茶全体の効能を放送することで、茶業界全体の要望に応えるような感じで放送されると言うことです。

NHKが二ヶ月続けてお茶の特集をするのは異例だと思いますが、茶業界にとってはメリットが大きいと思います。

防霜ファンが稼働し始めました

20110308

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今月から防霜ファンの電源を入れています。うちの防霜ファンは気温が5度を下回ると回るように設定をしてあります。

今朝は、冷え込んだので防霜ファンが回りました。これから新茶の摘み取りが行われるまで、霜の被害から茶園を守ってくれます。

今年は冬場が寒かったので、新茶の生育は例年より少し遅くなっています。でも、これからの天候でどうなるか判りません。早く暖かくなって欲しいです。

庭に可愛い水仙が咲きました

20110305b

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は朝から雨が降って、日中も寒かったです。関東地方では雪になったところもあったようです。

でも、静岡県地方は、3時頃には雨も上がって、夕方には日差しも見えるようになりました。

写真は、庭に咲いた小さな水仙です。庭に花が咲き出すと、もうすぐ春がやってくるという実感がわいてきます。今日は寒かったので、早く暖かな春が来ないかと待ち遠しいです。

可愛い新芽が出てきました

20110305a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は朝から晴れて、日差しは春らしくなってきました。当店の前の茶園では、小さいながらも可愛い新茶の新芽が出てきました。

まだ、本当に小さいのですが、新芽が出てきますと、新茶がやってるんだという実感がわいてきます。

今年は、冬の寒さの影響で、平年より少し成長が遅くなっているようです。でも、これからもの気候によっては判りません。桜も少し遅いような予報も出ています。

べにふうきスティックタイプの袋詰め

20110304

お茶の牧農園 店長の鈴木です

先週から、急に花粉が飛び始めたようで、べにふうきの注文が急に増えてきました。べにふうきスティックタイプの在庫も少なくなってきたので、急きょ袋詰めをしました。

今回の袋詰めで、スティックの在庫も残り少なくなってきました。昨年は、花粉の飛散が少なくて、思ったより出なかったのですが、今年は予想より早いペースで在庫がはけています。

このままだと、花粉シーズンが終わる前に、在庫がなくなってしまうかも知れません。

新茶用商品の写真撮影

P1050201

お茶の牧農園 店長の鈴木です

週末、新茶用品の写真撮影をしました。ちらしに載せるのと、ホームページ用にアップする写真を撮りました。新茶は茶業界にとって、一番大事な時期ですので、毎年写真を撮っています。

写真撮影を頼むとお金がかかるので、いつも自分で撮影をしています。写真撮影用の機材も、揃えてあります。今はデジカメなので、仕上がりを見ながら何回でも取り直しが出来るので、本当に便利になりました。

この写真で今年のチラシとホームページにアップします。今年の新茶缶は明るい色の缶が多いですね。

今日から3月

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日から3月です。うちのお店は2月末が決算ですので、今日から新しい年が始まりました。昨年は、夏の猛暑の影響と、残暑の影響で厳しい年になりました。新茶時期の遅霜の影響もありました。昨年は、茶業界全体にとっても厳しい年になったと思います。

今年は、順調に新茶が育ってくれたらと思っています。少しぐらい新茶の生育が遅くなってもいいので、霜の被害もなく、育ってくれたらと思っています。

今のところ、茶園の状態は良く、あとは今後の気候次第ということになります。今年の桜の開花予報を見ますと、平年並みというところが多いです。昨年は早く暖かくなりすぎて、遅霜の影響を受けました。今年は、平年並みということで、少しは安心しています。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »