2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

11月も明日で終わり

お茶の牧農園 店長の鈴木です

明日で11月も終わりです。今年もあと一ヶ月になってしまいました。今年は、夏の猛暑の影響で、秋が短かったような気がします。本当に、変な天気な一年だったと思います。

天気といえば、夏の猛暑の影響で杉に花粉がたくさんついているということです。その花粉が、来年の1月末には飛散し始めるということです。飛散する量は、史上最高になるのではないかという予報も出ています。また、飛び始める時期も早くなるということです。

花粉症にはべにふうきといわれてきましたが、どうも一時のブームは去ったのかもしれません。べにふうきは薬ではないので、はっきりと花粉症に効果がある とは言いにくいのが原因かもしれません。でも、毎年飲んでいる人は、今年も注文をしてくれていますので、効果はあるのだと思います。

菊川商工会主催 クリスマス婚活パーティー

お茶の牧農園 店長の鈴木です

ぼくは地元の菊川商工会の理事を務めています。来月、商工会主催でクリスマス婚活パーティーを行うことになりました。今年の4月に第一回目の婚活パーティーを行ったのですが、予定を上回る人の応募がありました。それだけ、出会いの場を求めているのだと思います。

それに、商工会の主催ということで安心して参加して頂けたのがと思います。4月の婚活パーティーの結果は判りませんが、定期的に婚活パーティーを行っていきたいと商工会では思っているようです。婚活で地域興しではありませんが、結婚して地元に住んでくれたら、地域の発展にもつながるし、少子化問題にもなるということだと思います。

紅白の出場者が決まりました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日、大晦日の紅白歌合戦の出場者が決まりました。最近は、お目当ての歌手だけを見るようにしているので、大御所と呼ばれる演歌歌手には全く興味がありません。でも、演歌を好きな人は、紅白でひいきの歌手見るのがたまらなく良いのだと思います。そういう人のためにも、人気のある歌手だけを集めるというわけにもいかないのだと思います。

これだけ、文化が多様かしたのですから、すべてをひとくくりにした紅白には限界があるのかもしれません。

ただ残念だったのは、韓国の人気歌手が出なかったこと。日本でも人気があるし、歌も踊りもうまかったので、是非見てみたかっかです。

川根温泉 プール へ行ってきた

Kawane1

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の日曜日、うちから車で約30分のところにある、川根温泉へ行ってきました。ここは、温泉の質が良いことで、とても人気がある温泉です。

温泉施設の中に、温水プールがあります。規模は小さいのですが、サウナと温泉が一緒にあって楽しむことが出来ます。

このところ運動不足だったので、久しぶりに泳いだら気持ち良かったです。

プールの脇を、大井川鉄道が走っていて、プールからSLの走るのを見ることが出来ます。

お茶の花

20101119

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今の季節は、お茶の花が咲く季節です。お茶はツバキ科の樹ですので、花もツバキのような花が咲きます。花はかわいらしく、とても可憐です。

お茶の花は、綺麗なのですが、花が咲く茶園はお茶の樹の勢いが弱い茶園にたくさん花が咲くといわれています。今年は、当店の茶園ではあまり花が咲いていません。夏場の暑さにも負けずに、順調に育っているのだと思います。

このまま冬を越していゆけば、来年は美味しい新茶が出来そうな予感がします。

昨日は地区の文化祭でした

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日は地区の文化祭でした。室内の舞台では、演劇やカラオケの披露が行われました。外では、棚田で収穫された餅米を使った餅つきが行われました。また、各家庭から持ち寄られた商品のバザーをも行われました。このバザーの売上金は、地元の小学校と幼稚園、保育園の備品を買うお金に充てられます。

新聞記事 夏場のリーフ茶消費が落ち込んだ

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今朝の新聞を見ていましたら、今年の夏場のリーフ茶消費が約15%落ち込んだということです。これほど大幅に落ち込んだのは、夏の猛暑の影響で、リーフ茶消費が減ったためだということです。暑かったから、水出し煎茶は売れましたが、リーフ茶の落ち込みをカバー出来なかったということだと思います。

当店も、夏場は水出し煎茶は売れましたが、リーフ茶は苦戦しました。暑いと、誰でも冷たいお茶やジュース、炭酸飲料を飲みたくなりますから、仕方がないと思います。

今年の冬は寒い冬だということですので、少しでも消費が回復してくれたらと思っています。

来年の杉花粉の飛散量は、今年の5倍

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今朝のニュースを見ていたら、来年春の杉花粉の飛散量は、今年の5倍だそうです。今年の猛暑の影響で、杉にたくさんの花粉がついているとのことです。

例年よりも1.2倍多く、来年の春は花粉症の人には辛い春になりそうです。花粉症にはべにふうきが効くといわれ、実際に毎年飲んでいる人は症状が軽くなったという人もたくさんいらっしゃいます。べにふうきは、お茶の品種ですので薬ではありません。でも、アレルギーを抑えるメチル化カテキンが多く含まれていることは事実です。お茶ですので、毎日美味しく飲んで、それで花粉の症状が緩和されれば、こんなに良いことはないと思います。

お歳暮のDMを発送しました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日と今日でお歳暮のDMを発送しました。インターネットが普及しても、手紙での案内も書かせません。といいますか、うちのお客さんは、高齢の人が多いのでインターネットを使える人ばかりではありません。

すべての人に情報を伝えるのは大変ですが、それが売り上げにつながるので、丁寧にやっていたいと思っています。

今年のお歳暮も品評会入賞茶を組み入れたギフトを多く取りそろえました。たま、べにふうきの値下げもお知らせして、少しでも花粉症対策に役立てばと思っています。

今年はお茶の花が少ないです

お茶の牧農園 店長の鈴木です

当店の周りの茶畑では、今の季節お茶の花が咲いていますが、今年はその数が少なくなっています。お茶はツバキ科ですので、花もツバキの花のような感じです。大きさは小ぶりですが、とても可愛いです。

お茶は、樹が痛んでいると祖先を残そうとして花をたくさん咲かせます。それが今年少ないということは、お茶の樹が順調に育っている証拠です。今年は猛暑の影響で、お茶の樹が心配でしたが、この分では大丈夫のようです。来年の新茶に期待が膨らみます。

べにふうきのスティックタイプも新茶で発売開始

お茶の牧農園 店長の鈴木です

やっと、べにふうきのスティックが加工工場から出来上がってきました。スティックは加工が面倒なので、工場でも時間がかかるとのことでした。やっと出来上がって、新茶での販売が出来るようになりました。

今年は、昨年から飲んで調子が良かったから今年も試してみたいというお客様が多く、注文も頂いています。毎日飲むことで、少しでも花粉の症状が軽くなればと思っています。

今日から11月

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日から11月です。今年も残すところあと二ヶ月になってしまいました。本当に月日の流れるのは早いです。今年は残暑が厳しくて、早く涼しくならないかと思っていたら、急に寒くなって、体調を崩している人も多いと思います。体調管理に気をつけてお過ごしください。

今週のお買い得品は煎茶牧之原です。当店の一番人気で売れ筋商品です。この機会にまとめ買いをされてはいかがでしょうか。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »