2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

お茶の新芽が出てきました 新茶シーズンを感じます

226

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今朝、茶園を見に行きましたら、ホントに小さな新芽が出ていました。2月のうちに新芽が出るのは早いです。この新芽が順調に成長するかは判りませんが、今年は例年より早く新芽も出て来そうな感じです。

そろそろ、防霜ファンの電源も入れないといけなくなりそうです。

このまま、暖かな天候と、適度な雨が降りますと、新茶の時期も早まりますし、おいしい新茶が出来ると思います。

今日は冷たい雨が降っています

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は、朝から冷たい雨が降っています。先週までは、春を思わせる天気が続いていましたが、今週は天気が悪く寒さが戻ってきてしまいました。

いままで暖かかったので、昨日からの雨で体調を崩している人も多いと思います。雨が上がって、暖かくなりますと花粉が一気に飛びます。花粉症の症状もしっかりとして下さい。

新茶用の肥料を施しています

2191

お茶の牧農園 店長の鈴木です

先週から、新茶用の肥料を茶園に施しています。写真は、肥料を撒いた時の写真です。肥料を撒いてから、機械で肥料と土をかき混ぜおこします。そうすることで、肥料の効きを良くするとともに、土を耕すことで土を活性化させてることが出来ます。

いま施しています肥料は、新茶の芽出しようの肥料で、一番大切な肥料です。これから暖かくなってきて、新芽が伸びる時に、現在行っているます肥料の栄養を取り込んで伸びていきます。

春一番が吹きました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日、例年よりも早く春一番が吹いたということです。静岡地方も、暖かな春を思わせる天気になりました。暖かくなった影響で、一気に花粉が飛び始めたようです。

天気予報の花粉情報でも、「多い」や「非常に多い」という地方が増えてきました。街中では、マスクをしている人も多くなっています。

当店にも、昨年べにふうきを購入されたお客様からの注文が多くなっています。お客様の中には、昨年べにふうきを飲んでみたら調子か良かったので、今年も注文をするという人もいました。それだけ、効果があるのだと思います。

花粉が飛び始めたようです

お茶の牧農園 店長の鈴木です

2月に入り、暖かな日が続くようになってきました。うちの近所の梅の名所でも、5分咲きぐらいになってきました。暖かくなってきますと、花粉の季節がやってきます。すでに、花粉が飛び始めたようです。

毎日、天気予報で花粉情報が出るようになり、今日は「やや多い」という予報になっています。

これからの季節、花粉症の人には辛い季節になります。花粉症が出るようになった影響か、べにふうきの問い合わせが急に多くなってきました。べにふうは、花粉症が始まる前から飲むのが良いのですが、やはり症状が出ないと飲まないものなんですね。

べにふうきを飲めばすぐに良くなる訳ではありませんが、少しずつでも症状がやわらぐようです。ぼくも、花粉症でしたが、べにふうきを飲むようになって、症状は治まっています。

花粉症の季節がやってきました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

立春も過ぎて、静岡県地方は朝から暖かくなっています。日差しも強くなって、日だまりにいますと、暑いぐらいになってきました。

暖かくなると飛び始めるのが、花粉。今年は、暖かな日が多く、花粉の飛び始めるのが例年より早くなっているとの事です。これから当分の間、花粉に悩まされる人も多いと思います。

ぼくも、花粉症でしたが、べにふうきを飲み始めてから、花粉の症状が軽くなってきました。今年も、昨年の暮れからずっとべにふうきを飲んでいることもあって、今のところ花粉の症状は出ていません。この調子でいってくれたらと思っています。

節分で恵方巻き

203

今日は節分です。自宅で豆まきをされる人も多いのではないでしょうか。最近では、恵方巻きといって、縁起の良い方角を向いて、太巻きをたべるという習慣が流行ってきました。今年の恵方は 東北東 という事です。

うちも、近所のセブンイレブンで太巻きを買ってきました。オモチャの磁石までついていて、正確に方位がわかるようになっています。

節分を過ぎれば、明日立春。暦の上では春の始まりです。さらに、この日から、88日で新茶の季節がやってきます。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »