2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

久しぶりの雨です

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は朝から久しぶりの雨が降っています。天気予報によりますと明日の午後まで雨が降るみたいです。暖冬で、適度な雨が降りますと、新芽の成長には最適な気象条件になってきます。

一番心配なのは、これからの寒の戻り。暖冬でこのまま一気に暖かくなって春が来てくれたらいいのですが、うまくいかないのが天候です。昨年も、桜が早くて、お茶の摘みとりも早いと思っていたら、寒の戻りがあって、平年並みの摘みとりになってしまいました。

今年は、このまま順調に暖かくなってくれることを祈っています。

静岡県商工会連合会 新商品 新聞記事

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨年の10月から、静岡県商工会連合会ですすめられていた、お茶の新商品が出来上がり、2月13日~16日まで東京ビックサイトで行われる「ギフトショー」に出品されることになりました。ぼくも、ギフトショーに行って、手伝いをする予定になっています。

その事が静岡新聞の記事になりました。企画を始めた当時は、短期間に新商品が出来上がるかと不安でしたが、何とかギフトショーに出品出来るまでになりました。業者向けのギフトショーですが、当日受付をすれば一般の人でも入場出来るみたいです。

このところの暖かさで 新芽が出ました

210a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

1月の暖冬と、2月に入っても暖かい日が続き、茶園の新芽が出てきてしまいました。芽の出てきたのは、たくさんではありませんが、このままの暖かさが続きますと、茶園全体の新芽が出てきそうです。

今の時期に、新芽が出るのは大変に困ることで、もう少し休んでいて欲しいです。というのは、今後寒の戻りがあり、遅霜が降りる可能性があるということです。早く出て、霜でやられると新茶の品質にも影響をしてしまいます。新芽を出すにはお茶の栄養を使うので、霜でやられて、新しい新芽が出てくるというのは、それだけ品質の良くない新芽が出るということになってしまいます。

今の時期は、ゆっくりと休んでいて欲しいのですが、天気はどうしようもありません。熊も冬眠できずに、里に現れるというぐらいの暖冬ですので、植物のリズムも狂って来てしまいます。

BS Japan で べにふうき の番組放映

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の日曜日 BS Japan で「べにふうき」の研究成果を放映しました。来週の12日の午前11時から再放送をしますので、見てください。

内容は、べにふふうきの発見から、研究成果、など多岐にわたっていました。花粉症に効くとされているメチル化カテキンについても詳しく説明をされていました。

今日から2月

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日から2月です。今まで暖かくて春のような天候でしたが、今日は冷え込んでいます。太平洋側は、大雪が降るという予想ですので、十分に注意をしてください。

4日は立春で暦の上では春の始まりですが、まだまだ寒い日が続きます。インフルエンザの流行しているようですし、外から帰ったらうがいと手洗いで風邪の予防をしてください。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »