2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

今日で1月も終わり

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日で1月も終わりです。1月は暖冬で、静岡でも氷の張った日が1~2日あっただけです。こんなに暖かな1月も珍しいです。暖かいために、茶園の新芽が出てきたところもあるみたいです。今の時期に新芽が出ると、これからの寒さで被害が出るので、もう少し寒くなってくれた方がありがたいです。

2月になると花粉症の人には辛い季節になってきます。すでに花粉の症状が出ている人もいるようです。事前の準備をして、軽くすごくようにしてください。

検索窓

125a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

最近、テレビを見ていますと写真のような検索窓のコマーシャルが多くなったことに気がつきました。テレビCMからインターネットのホームページにお客を誘導するというのはとても効果的な方法だと思います。

テレビだと直感的なイメージは伝わりますが、詳しい情報は伝わりません。そこで、インターネットのホームページに誘導することで、より詳しい情報が伝わるようになると思います。

うちも、書類などに写真の検索窓を書き込んで、少しでもたくさんのお客様にホームページを見てもらえたらと思っています。

注文ページをリニューアルしました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

注文ページをリニューアルしました。今までは、1ページにすべての種類のお茶を並べていましたが、今回からは、種類毎にページを分けるようにしました。でも、上部にタブを配置していますので、種類毎の移動は簡単にできます。

しかし、ページを移動する前に一度買い物カゴに入れないといけないのでご注意ください。少し面倒になりますが、お茶の写真と商品説明を詳しくしてありますので、納得して買いのものをしていただけると思います。

環境省花粉情報システム はなこさん

お茶の牧農園 店長の鈴木です

暖かくなってきますと、花粉症の人は気が気では無いと思います。今年は、花粉の飛ぶ量が少ないと言うことで、少しは気が楽だとは思います。

でも、花粉って、少しでも飛んでいるとアレルギー症状を発症する人もいます。べにふうきを飲んで予防するのも良いのですが、花粉がどれぐらい飛んでいるかというのがわかるサイトがあります。その名も はなこさん といいます。環境省がやっているサイトですので、参考にしてください。稼働は2月1日です。

今年の花粉予想

お茶の牧農園 店長の鈴木です

この季節になると花粉情報が気になる人が多いのではないでしょうか。ぼくも、数年前から、少し花粉症になって、花粉が多い日には目がかゆくなってしまいます。暖かくなると、飛び始める花粉、今年は例年よりも少ないようです。でも、少なくても花粉が飛ぶことには変わりなく、花粉に悩まされる日々が続きそうです。

ぼくは、昨年もべにふうきを飲んだのですが、あまり症状は出ませんでした。体質が変わったのかもしれませんが、今年ももう飲んでいます。このまま花粉症に悩まされなくなればと思って飲んでいます。

伊勢神宮へ行ってきました

108
お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の日曜日、伊勢神宮へ初詣に行ってきました。バスで行ったのですが、すごい人でした。行く途中の鈴鹿辺りは吹雪いていて、どうなることかと思いましたが、伊勢に近づいたら薄日も差してきて、ホッとしました。風は強かったのですが、無事にお参りをすることが出来ました。

帰りに、おかげ横町に寄ったのですが、こちらもすごい人でした。情緒ある建物と街並みは良かったです。バスでしたので、決まった時間しかいることが出来ず、少し前年でした。次回はもっとのんびりと回って見たいと思いました。

べにふうき スティックタイプを発売

お茶の牧農園 店長の鈴木です

Benifuuki_p

べにふうきのスティックタイプの販売を始めました。今までは、大袋に入れていましたが、今回のスティックは、小袋に別れているので、とても便利です。1袋0.6グラム入っていて、湯飲みに入れてお湯を注げば出来上がりです。とても、簡単に作ることができます。

値段は、30袋入って1575円になっています。

本年もよろしくお願いします

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日から営業を始めました。昨年中は、たくさんのみなさまにご愛顧いただきありがとうございました。

今年もおいしいお茶をお届けしていきますので、よろしくお願いします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »