2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

菊茶香まつり

1029

お茶の牧農園 店長の鈴木です

先週の日曜日、地元の菊川市で菊茶香まつりという産業祭が行われました。ぼくは、地元の組合の手伝いで、このイベントに参加してきました。天気も良く、日中は汗ばむような天気で、たくさんの人が来てくれました。

地場産品のお茶や、お菓子、農産物の販売や、写真のような手揉み実演、などたくさんのイベントが行われました。

週末は地区の文化祭でした

お茶の牧農園 店長の鈴木です

週末は、地区の文化祭が行われました。行われた場所は、地区にあるコミュニティ・センターと呼ばれる場所です。ホールや畳の部屋、会議室が揃っている、地区の中心となる建物です。

ここで、文化祭が行われました。ホールでは、ステージを作って演劇の発表会をしました。演劇といっても、日頃から習っている日本武道や園児の演技、大正琴やハーモニカの演奏などです。カラオケも行われました。日頃の成果を発表していました。

駐車場では、先日稲刈りを行った棚田のグループが餅つきをしたり、おこわをふかして販売をしていました。この文化祭の一番のイベントはチャリティーバザーです。地区の家庭から不要品になった日用品(醤油や油、タオル、缶詰など)を出してもらって、それを100円~200円で販売で販売するというものです。売上金はすべて地区の小学校と幼稚園に寄付されます。食料品は安いのでとても人気あってすごい熱気でした。

この文化祭が終わると、冬の準備に取りかかります。

週末はお祭りでした

お茶の牧農園 店長の鈴木です

週末は、地域のお祭りでした。お祭りといっても、田舎のお祭りですので、参加するのは地元の人がメインになります。こぢんまりとしたお祭りでしたが、地域の人が協力し合ってお祭りが行われました。

このお祭りが終わると、本格的な秋になって冬の準備が始まります。今年は、天気が良くて暑いぐらいでしたが、朝晩はひんやりとしました。夜と昼との寒暖の差が激しいので風邪をひかないように注意が必要です。

秋冬番茶の摘みとりも終わりました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今週の初めで、秋冬番茶の摘みとりも終わりました。今年は、雨が多い日が多くて、例年より遅い終わりになりました。でも、雨が多かった影響からから、秋冬番茶としてはいい品質のお茶が出来ました。

すでに、秋冬番茶として売り出しをしていますが、とても評判が良いです。毎年買っていただくお客様も多く、それだけ健康を気遣っている人が多いのだと思います。

今週末は町内のお祭りがありますし、次の週は文化祭と、これから週末はイベントが目白押しになっています。

棚田の稲刈り

Tanada

お茶の牧農園 店長の鈴木です

日曜日、近くの棚田で稲刈りがありました。毎年手伝いに行っているので今年も行ってきました。地域興しとうことで、菊川市の商工会、観光協会のテントもありました。ぼくは商工会の役員もしているので、そちらの手伝いをメインにして行ってきました。

久しぶりの青空の下、たくさんの人が集まっての稲刈りは素晴らしかったです。下は幼稚園の園児から、小学生、中学生、親御さんと、たくさんの人が汗ばむ陽気の中、一生懸命稲刈りをしました。

この稲は、餅米で精米をした後お餅としてイベントなどで振る舞われる予定です。

雨が多い

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今週は雨の多い週になっています。天気が良ければ、秋冬番茶の摘みとりは今週いっぱいで終わる予定でしたが、雨の影響で来週の初めまでやりそうです。今の時期は、カラッと晴れた秋晴れになることが多いのですが、今年は南の海上に秋雨前線が停滞しています。さらに、台風も発生して、明日も雨になりそうです。

早く晴れて、秋冬番茶の摘みとりが終わればと思っています。

秋冬番茶が新茶になりました

お茶の牧農園 店長の鈴木です

秋冬番茶が新茶になって今日から販売を開始しました。この秋冬番茶は、血糖値を下げるといわれている酵素が入っています。日頃から、飲み続けると効果があるようです。水出しで入れると、渋味もなくとてもおいしく飲めます。水出しの方が、血糖値を下げる成分がよりよく出るということです。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »