2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

  • お茶の話
  • ガーデニング
  • 旅行・地域
  • 日々の暮らし
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 茶園のはなし
無料ブログはココログ

品評会入賞茶が届きました

20160926a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

先日三重県で行われた「
全国茶品評会」で落札をしたお茶が届きました。段ボールには、しっかりと封印がされていました。

品評会のお茶は、厳重に管理されていますので、こういった封印も必要なのだと思います。来月には、品評会のお茶の販売が出来ると思います。

品評会入賞茶の詳しいページ

梅雨のような天気になっています

20160923a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

今日は、秋雨前線の影響で朝から小雨が降っています。当店があります牧之原台地は、標高が200mありますので、今日みたいな小雨の時は霧が出やすくなっています。霧が出る地方はおいしいお茶の産地といわれています。標高が高く、日中と夜間の温度差があるのも、おいしいお茶造りには欠かせません。

静岡県茶品評会と手揉み茶の入札会に行ってきました

20160908a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

昨日の水曜日、静岡市内にあります静岡茶市場に行ってきました。静岡県茶品評会と全国手揉み品評会の入札会に参加しました。毎年9月の初めに開催される入札会です。ここで入札をしてきたお茶を、品評会入賞茶と、手揉み茶として販売をしています。

今年も、素晴らしいお茶が出品されていました。今年は天候が良かった事もあり、どのお茶も素晴らしかったです。

手揉み茶は、この大会だけで入札会が行われています。それだけ希少価値のあるお茶だと言えると思います。

品評会入賞茶と、手揉み茶は今月の後半から販売が出来ると思います。

当店が、きくのん応援認定事業所になりました

20160902a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

現在、ゆるキャラグランプリ2016を開催しています。当店があります菊川市では「きくのん」というゆるキャラが参加しています。

その「きくのん」を応援する事業所に当店が認定されました。町をあげて、ゆるキャラグランプリに投票して、少しでも上位になるように頑張っています。

「きくのん」への投票は下記のサイトから出来ますので、是非とも応援をお願いします。

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002134

台風10号が関東地方に近づいています

20160829a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

台風10号が関東の南にあって、北東方向に進んでいます。天気予報によりますと、これから次第に進路を北から西に向けて、明日には関東から東北地方に接近するということです。

今回の台風は大型ということで、進路にあたる地方の人は十分な注意をして下さい。静岡県地方も、どんよりとした曇り空で、風が強く吹いています。

茶園はこのところの雨で、順調に芽が伸びてきました。今写真に写っていますお茶の芽は、来月の終わりに「秋冬番茶」として摘み取りをされます。秋冬番茶は、血糖値を下げる効果があるということで、ここ数年人気があります。

T1グランプリが行われました

13958045_1030420600405336_196680796

お茶の牧農園 店長の鈴木です

毎年夏休みに、地元の菊川市では、小学生高学年を対象にお茶に関する知識を争うT1グランプリが行われています。お茶の知識は、お茶の歴史や、製法、効能に関して幅広く問う問題が出されます。お茶の事を詳しく勉強しませんと、解けないような問題もあります。
次は、お茶の種類当て問題です。10種類のお茶を実際に見て、その種類を当てます。日頃からお茶に接していないと判らない問題です。

最後の試験は、実際にお茶を淹れる実技試験です。審査員の前で、お茶を淹れるのですが、湯冷ましの時間から、抽出時間、さらに湯飲みに注ぎ分ける事まで厳しく審査されます。ぼくは、審査員の一人として参加しましたが、家庭でしっかり勉強してきただけあって、ほとんどの生徒は大人顔負けのお茶の淹れ方をしていました。

雨が降って、肥料が良く効いています

20160818a

お茶の牧農園 店長の鈴木です

台風7号の影響で静岡県地方にも雨が降りました。関東から北では、台風の被害も出たようですが、当店の周辺では恵みの雨になりました。

お盆前に、有機肥料を施しましたので、この雨で肥料がしっかり効いたと思います。また、今の時期は夏の暑さでお茶の樹が弱って来ますが、雨のおかげでいい状態で夏を通り越せそうです。

いかに暑い夏を通り越すかが、来年の新茶の味を左右しますので、適度な雨は本当にありがたい雨になっています。

写真は、当店の茶園の畝(うね)の写真です。肥料を施した後、畝を機械で耕して土を柔らかくして、お茶の根に栄養を行きやすくしています。

«菊川市・夜店市で冷茶の接待をしました